コンサルティングメニュー

学童保育事業開発コンサルティング

●事業展開の次の一手として学童保育事業に参入したい!
●新規事業とはいえ設備投資を抑えてローリスクで参入したい!
●実績があるにもかかわらず選定されない、次回こそプロポーザルで選定されたい!
●事業の幅を広げ、LTVの向上を図りたい!
●他の事業者がどのような提案書を書いているのか知りたい!

保育の待機児童が減少している一方で、2019年時点で学童(放課後児童クラブ)の待機児童数が、18,261人と過去最高を更新しました。新型コロナウィルスの影響もあり、そのニーズが改めて認識された学童保育事業ですが、一言に「学童」といっても様々な運営形態があります。弊社では開設に向けた事前準備から、具体的な公募に対する戦略に至るまで、開設をご検討される方のお悩みをトータルでサポートします。ご関心のある方は是非「詳しく見る」より詳細をご確認ください!

保育園・こども園向け働き方改革コンサルティング

全国的に保育士人財が不足しており、募集をかけても応募が来ない、せっかく採用してもなかなか職員が定着しない、などのマネジメントの課題を抱える法人様のお話を聞く機会が年々増えてきています。
本来法人として最終的に目指すべき、“保育・教育の質の向上”に対して割くための時間が、
人手不足から職員が皆目の前の作業に追われ、まったく確保できていない…という法人様もいらっしゃいます。
人手不足の今、職員がやめない、職員にとって働きやすい環境を作れるかどうかという
”定着率向上”の観点も重要です。
また、2019年から働き方改革関連法が施行されました。
法人として、働き方改革は急務の課題でもあります。
船井総研では、 “保育・教育の質の向上”と”定着率向上”のための、デジタルシフトを含めた働き方改革を展開しています。
ご興味・ご関心のある方はぜひお問合せください。

---お問い合わせ先---
伊藤:s.ito@funaisoken.co.jp
西村:yumiko-nishimura@funaisoken.co.jp

評価賃金制度・キャリアパス・マイスター制度

地域に関わらず、保育士・幼稚園教諭の採用は益々厳しくなってきました。

・人をやっとの思いで採用したけれど離職者が後を絶たない
・優秀な人材が辞めていく
・「なぜこの給与なのか?」と問われた際に説明ができない
・キャリアパスが不明確
・処遇改善加算はただ分配するだけで終了…

など、様々な想いがあると思いますが、
頑張っている職員を評価してあげたい
というお気持ちが経営者の皆様にはおありかと思います。

・法人のキャリアプランを作りたい
・頑張っている職員を評価してあげたい
・評価は行なっているので賃金と連動させられるか検討したい
・処遇改善加算をもっと活用したい

とお考えの経営者様、
まずはお問い合わせください。

---お問い合わせ先---
伊藤:s.ito@funaisoken.co.jp
銭:s-sen@funaisoken.co.jp

スクール事業&教育付き学童保育事業付加コンサルティング

幼稚園・認定こども園の法人様向け卒園児向けスクール・教育付学童を立ち上げ&
リニューアルサポートコンサルティングサービスです。

今後こども人口の減少が全国的に進む中で
・園児募集の困難、近隣園との競争激化
・園の収入の先細り
などの問題が深刻化していくと考えられます。
そのような問題に対して、小学生を対象とした「卒園児向けスクールや教育の充実した学童保育」を行うサポートをさせていただくことで
・園のブランド力や独自性の強化
・収入面での安定
を実現します。

保育士採用・育成コンサルティング

保育士採用がより一層厳しくなる中、保育士の計画的な処遇改善が行われています。
法人にとっても、保育士のキャリアパスや賃金改善の計画に取り組むことが保育士が長期間働き、輝く環境づくりを行っていく必要があります。
当面の間続くであろう、「キャリアアップ・処遇改善」の仕組みを活用し、保育士に新たな役割を与えると共に、理事長や園長に集中していた採用業務を権限移譲することでより効果的な採用・育成活動が可能となります。
法人の成長は、(理事長や園長の成長だけではなく) 保育士の成長があってこそ実現され、地域から支持・評価される組織へと変革していくのです。今後、待機児童が解消された時に、地域にとって欠かせない園となるよう“組織力の高い人財育成”を、現場職員も含めたプロジェクトチーム運用による人財育成が効果的です。

---お問い合わせ先---
西村:yumiko-nishimura@funaisoken.co.jp

お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから