知らないと損する!?オンライン園児募集体制を構築する制度のご案内

知らないと損する!?オンライン園児募集体制を構築する制度のご案内

皆さま、こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます。
株式会社船井総合研究所の遠藤めぐみです。

本日は、タイトルに記載の通り「この制度を知らないと損をしてしまうかもしれない…」というお話をさせていただきます。

はじめに

2020年・2021年上期を振り返りますと、新型コロナウイルスの影響で、従来までの「対面・現地・集合」でのコミュニケーションがかなり取りづらくなってしまいました。そのことで、入園説明会や園見学会をオンライン開催された方も多くいらっしゃったかと思います。また、新規の入園希望者に向けたイベント等も、コロナの影響で見送っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

一方、そのような従来型のコミュニケーションが難しくなってしまったことで、インターネットを使ったSNS上でのコミュニケーションは増大しております。園児募集に際しても、そのようなSNSツールを活用している法人が増えてきました。ただ、「SNSを活用してみたいとは思うがどのように始めてみればいいか分からない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回、そのデジタル化・オンライン化の一助となるのが、「中小企業デジタル化応援隊事業」という補助金制度です。ぜひこの制度を皆様が「知らなかった」ということがないようにご案内いたします。

■中小企業デジタル化応援隊事業とは・・・

①新型コロナウィルス感染症の感染拡大の防止
②事業活動の維持・強化
③今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更 (働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応する

①~③の対策のためのデジタル化(デジタルツールの導入等)を進める中小企業等に対し、コンサルタント・専門家の支援を謝金制度により通常よりもリーズナブルに受けることができる制度です。

この制度の注意点の1つは、期日があるという点です。

皆様には「9月30日まで」に本事業の登録を行い、「11月30日まで」に契約締結を行うことが1つの条件となります。
詳細は以下のURLをご確認ください。
https://www.funaisoken.co.jp/lp/digitalization-support

■活用方法について

例えば、下のような課題はありませんか?

・「対面・現地・集合」型でのイベントができない影響で入園希望者が減少している
・コロナ禍でイベント回数を減らしていることで保護者との接触回数が減少している
・子育て家庭の巣ごもりが増加している中でチラシの反響が悪くなっている

こういった課題について中小企業デジタル化応援隊事業を活用して、「LINE for Businessの立ち上げとLINE広告の運用体制構築」を謝金制度により通常よりもリーズナブルに受けることができます。
他にも「園のホームページリニューアルに向けたサイトディレクション」「業務効率化のためのICT導入」「オンライン採用体制構築」など、デジタル化に関する内容であれば多くのことが対応できます。
他にも「こういったプランはないか?」といったご質問・ご要望があれば、まずはお問い合わせ下さい。
【問い合わせフォーム】
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/form01/digitalization-support-inquiry.html

知っている中小企業は、既に活用されている制度になります。
期限と制度全体での予算もあります。自社のデジタル化における課題を解決するために是非早めにご活用ください。
事業内容の問い合わせ・ご質問・ご相談については下記問い合わせフォームより入力をお願い致します。
【問い合わせフォーム】
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/form01/digitalization-support-inquiry.html

※申請状況によっては補助金が活用できない恐れがありますので、ご了承下さいませ。

お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから