【ラストチャンスか!?】令和3年度企業主導型保育事業の募集正式発表!!

【ラストチャンスか!?】令和3年度企業主導型保育事業の募集正式発表!!

皆様
こんにちは。

船井総研の藤澤でございます。

さて、タイトルにもあります通り、令和3年度の企業主導型保育事業の募集が正式に児童育成協会より発表されました。
https://www.kigyounaihoiku.jp/info/20210413-01

申請期間は、
「令和3年4月28日(水)~6月13日(日) 17時30分まで【期限厳守】」

募集枠は、
「4千人分程度」

となっております。

募集期間はこれまで通り、1ヶ月半程度が設定されておりますが、
注目すべきは募集枠の「少なさ」でございます。

平成30年度の新規募集では、
定員30,000人分の整備予定に対して、約51,000人分の申請がありました。

前回の令和2年度の新規募集では、
定員20,000人分の整備予定に対して、約31,000人分の申請がありました。

上記以外にも、本事業においては募集があるたびに、20,000人~30,000人程度の整備がなされてきておりました。

しかし今回の募集枠はわずか「4,000人程度」です。
見て分かる通り、今までよりもはるかに少ない整備予定数でございます。

これは、昨今の保育所整備数と待機児童数・保育ニーズ等が影響してきております。
先日発表された新子育て安心プランでも、4年間で14万人の保育所整備を行うことが明らかになり、保育所整備の動きは鈍化していくことが分かっております。

そういった背景もあり、企業主導型保育事業の新規募集が行われるのは、今年が正真正銘最後なのではないか?という声があちこちから聞こえてきます。

ただでさえ、異業種参入がしにくい保育業界。
業界参入の目的はそれぞれあるかと思いますが、この機会を逃すといよいよ異業種からの参入が難しくなってくるかもしれません。

保育事業参入に少しでも興味のある方は、この機会に是非、ラストチャンスだと思って、参入を検討していただければと思います。

また、現在(4月15日時点)で、新たに令和3年度企業主導型保育事業の新規募集を行う旨、整備予定数、申請期間等は発表があるものの、具体的な要綱・要領等は実はまだ国から公表されておりません。

最新情報が公表され次第、随時本コラムでお伝えさせていただく予定でございます。

また例年、本事業の申請準備には皆様おおよそ1か月程度期間を要します。

申請に必要になる書類を確認すると昨年度と大きく変わっているわけではありませんので、
参入を決意されている方は今すぐにご準備いただくことが良いかと思われます。

申請の仕方・申請のポイント・書類整備の仕方・定員設定・参入後の収支シミュレーション等少しでも不明点等あれば、以下のURLからお問い合わせいただけますと幸いです。

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/form01/company-nursery-lp-inquiry.html

また、企業主導型保育事業についてもう少し詳しく知りたい、という方がいらっしゃいましたら、以下のURLより、企業主導型保育事業の詳細を分かりやすく説明している小冊子を無料で配布しておりますので、是非ダウンロードいただけますと幸いです。
▼小冊子、無料DLはこちらから
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/form01/company-nursery-lp-dl.html

【経営戦略セミナーのお知らせ】
船井総研毎年恒例の経営戦略セミナーのお知らせです。
6月6日~6月12日の7日間 完全オンラインでのセミナーになります。

詳細は以下のURLよりご確認下さい。
https://conference.funaisoken.co.jp/

 

お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから