研究会(企業主導型保育事業研究会)

企業主導型保育事業研究会

ご挨拶

企業主導型保育事業は平成28年度から始まった内閣府主導の、新しい保育制度です。

今までの保育の制度と比較すると異なる点がいくつもあり、それに伴い今までの保育のマーケティングとは異なる戦略を描く必要がある場面も多々見られます。

また企業主導型保育事業を用いて、初めて保育事業に乗り出した企業様も多く見受けられます。

本研究会では「保育」と「経営」の両面から、持続可能な保育運営を目指すためのノウハウを、講座、意見交換などを通じてお伝えいたします。

「企業主導型保育事業」に興味がある方から、すでに開園されている方まで、安定した保育所経営についてお考えになっている方は、是非ご参加ください。

株式会社船井総合研究所
保育・教育支援部 保育グループ
チームリーダー
堀内 顕秀

企業主導型保育事業研究会の概要

 

入会特典

ご入会特典満載!お気軽にお問い合わせください!
  • 研究会お試しに参加する
  • お問い合わせ

2020年 スケジュール

※開催時間は、各回11:00~17:00です。

参加料金

お試し参加 無料(1社様1回のみご参加可能です)

 

入会金 50,000円(税抜)
年会費 240,000円/年間(税抜)
月額 20,000円/月(税抜)

入会金には以下のサービスが含まれます。


本研究会に入会いただいたお客様には、弊社会員サポートサービス
FUNAI メンバーズ Plus」を無料でご利用いただけます。

 

講師紹介

大嶽広展

大嶽 広展
株式会社 船井総合研究所
2006年に船井総研で初めて保育業界のコンサルティング領域を確立するとともに、日本の保育業界の経営コンサルティングの先駆けとして経営指導を行う。以来、数百社の保育業界に関する経営コンサルティングや講演を実施。また、2011年、2016年には経済産業省の調査研究事業の責任者として従事し、さらには、自治体の子育て政策にも積極的に関わり、官民双方で保育業界の発展と成長に携わる。著書に、「保育サービス業界の動向とカラクリがよくわかる本」や「働き続けたい保育園づくり」などがある。

 

堀内 顕秀

堀内 顕秀
株式会社 船井総合研究所
首都大学東京(旧東京都立大学)卒業後、船井総合研究所へ入社。保育業界においては、公募・プロポーザル支援の他、新規開設や、他業種からの保育参入支援などを経験。企業主導型保育事業に関しても多くの開設実績を持つ。

 

西村 優美子

西村 優美子
株式会社船井総合研究所 チームリーダー チーフ経営コンサルタント
京都大学大学院在学中に保育士資格を取得し、母子を対象に子どもの発達や育児に関する調査研究を行う。また、同時に認可保育所で勤務するなど、業界に対する知識を深めてきた。大学院を修了後、船井総合研究所へ入社。入社後は、企業主導型保育事業をはじめとした保育所開設支援や新卒・中途の保育士採用支援に従事する。また、働き方改革による職場環境の改善や評価制度の構築、新入社員向けの育成制度構築、職員向けガイドブック作成など定着に関する支援も行っている。
 

この研究会はお試し参加を受け付けております

 

この研究会に申し込む
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから